炒めもの、揚げ物、あんかけなどの中華料理を撮影すると「照り」が出やすく美味しそうに写ります。
しかし、写真をおろそかにしている中華料理店が多いようです。
ラーメン、チャーハン、酢豚。誰でも知っているメニューだけに、文字で書いただけでどんな料理なのか想像がついてしまいます。のれんに「中華料理」、赤提灯に「ラーメン」の文字だけで集客できるお店はいいでしょう。
「ラーメン」といっても、どんな味で、具材は何がのって、細麺か太麺なのか・・・
違いを明確にして、「売り」を宣伝しないとお客さんの心は掴めません。
パッと見てどんな方向性の料理なのか分かり、味・量・熱さ・冷たさまで伝わる写真で、もう一度集客を考えてみませんか。




 
| 飲食店料理出張撮影 | カレー屋さんに出張撮影 | 洋食屋に出張撮影 | お問い合わせ |